プロフィール

野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi 


自己紹介: (Jr.野菜ソムリエ、養生薬膳アドバイザー・
      漢方スタイリスト)

 はじめまして。野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi です☆ 
 美味しいものや楽しいことが大好きです♪
 カラダと地球に優しいをキーワードに、こちらのページでは
 kurumiの紹介の他、おいしいもの、楽しいこと、大事なこと…

 いろんな事を皆さんと共有出来たらいいな~と思っています。
 現在はスープ屋さんの他、野菜ソムリエが中心として福島の
 復興支援の為に立ち上げたチームふくしま。福結び。のメンバーとして活動もしています。
 
 更に、市民メディアの記者として市民メディアサイト 8bitNewsなどにも投稿しています。
 色々やっていますが、これも全てkurumiの活動の一環です。どうぞよろしくお願いします☆

 

ー プロフィール ー
短大の英語科を卒業後、幼児教育リトミックの専門学校(指導科1年制)を経て幼児リトミックのインストラクターの資格を取得。学校卒業後の最初の仕事は英会話スクールの営業でした。その後は住宅関連の仕事に就き、土地家屋調査士事務所の登記事務、大手賃貸不動産の営業、そして直前の仕事は建築会社で住宅や店舗のリフォームの営業、及び横須賀・逗子にて店長業務を含め6年半勤めていましたが、その際に会社の方針で自然素材でのリフォームに携わるようになり、健康や環境に関することに興味を持つようになりました。また同社にて発行していた『LOHAS』を
テーマにしたフリーペーパーにも携わる中で、地元である三浦半島の自然や食の豊かさを知り、また個人的に参加していたLOHASに関する団体で鹿児島の黒豚放牧をしている「えこふぁーむ」さんに訪れたことで apbank の存在を
知り、2006年
のapbankのワークショップに参加したのをきっかけに、より環境問題や経済の流れについても考えるようになって行く中で自分でも出来ることを模索しながら、フリーペーパーの取材を通して知ったJr.野菜ソムリエの資格を2007年に取得。自分自身が当時食生活で
野菜不足だったのもあり、今のようにマルシェがまだ主流ではない時代、地元の野菜の良さを伝えたり農家さんの流通の手助けが少しでも出来たらと、地元の野菜を使ってスープを作って働く現代人の野菜不足を少しでも解消しようと、移動販売でスープを販売することを決めて、2008年2月に建築会社を退社。
スープの販売だけでなく、身近な環境問題の発信をすることも活動の一環に取り入れて
2008年3月9日〜 『 野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi. 』として活動を開始。
地産地消をテーマにできる限り自然や健康に配慮した食材を取り入れて、使う容器もサトウキビの廃材で作られたバガスカップや木製スプーンを使用し、プラスチック製品を極力使わないように環境に配慮する事をオープン当初から心がけて来ました。

現在は撮影現場のケータリングをメインに、農家さん逹との繋がりを持ちながら様々な情報発信を含め活動しています。